« 心をつむぐコンサート | トップページ | 朝一番 »

2010年11月 7日 (日)

中田喜直・歌の世界

中田喜直・歌の世界

没後10年に寄せて

ため息が出るほど美しい照明の中

名曲の数々を歌手仲間の皆さんと歌いましたnote

何年たっても色褪せない作品

本物の力のすごさです。。。

こうして中田作品を歌えることのしあわせを感じた一日に

感謝・・・

コンサート終了後の貴重な一枚camera

|

« 心をつむぐコンサート | トップページ | 朝一番 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

本日はお疲れさまでした。
中田先生も絶賛されていたと思います。
先ほどやっと日本シリーズが終わって千葉ロッテが優勝したから、千葉モノレールの歌を作曲された先生の応援も利いていたのでしょう。これに対し、サトウ・ハチロー先生は熱狂的な竜党であるからやっぱり名古屋へ行っちゃってたのかな?去年は野球の記事があったのに今年ないのは…やっぱり皮肉になるからまずいか。まあ、読売がトラ年に優勝できないというジンクスがあったから、来年は頑張れるでしょう?しかし、大熱戦でした。
演奏会のほうですが、合唱団にいたずっと以前久々に「冬が来ると」「別れの歌」をやっていたことがあるので特に前者には電気が走るような懐かしさがこみあげました(笑)。しかしながら、おとうさんの替歌って、作詞者の立場からするとどうなのかなあと疑問に思ったり、かくいう私も替歌ばかり作っていますが(笑)。
(前回コメントの東京タワーの件について)あー、行ったのはもう10年以上前になるので蝋人形の館が今あるかわかりません。是非、「蝋人形」(西條八十:作詞、本居長世:作曲)を今度やっていただきたいです。もっとも、D小暮さんのほうが有名になっていますが。
それですみません、スケジュールがどんどん埋まっていくようですが、次の14日、同じ武蔵野線沿線で本日と同じ埼玉県にあるライブハウスに出演することになり、行けなくなってるので、ついに埼玉デビューと成増、ちがった、そこは東京都だから。というようなわけでそちらのご成功祈願いたします。

投稿: ヒラノエクスプレス | 2010年11月 8日 (月) 00時21分

中田先生の作品は聴いても歌っても、心が穏やかになり、何年たっても色あせない素晴らしい作品ですねconfidentnote
出演された歌手の皆さんが揃い、『童謡組』のメンバーを思い出しましたwink
『童謡組』とても懐かしいですhappy01

投稿: くみこりん | 2010年11月14日 (日) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213175/49965466

この記事へのトラックバック一覧です: 中田喜直・歌の世界:

« 心をつむぐコンサート | トップページ | 朝一番 »