« こころを紡ぐ日 | トップページ | 新曲誕生! »

2009年2月 1日 (日)

こころを紡ぐ日 パート2

やわらかな 日差しの中で

ぼくを 見つめてくれた人

もう一度 心の中で

あの日みたいに 歌ってよ

何にも 話さなかったようで

何でも 語り合ったようで

いつも ゆっくり うなずいて

時には笑い転げて

遠い未来まで ずっと

続くと信じてた

今日の思いを 綴ろう

こころを紡ぐ歌

何にも 知らなかったようで

何でも わかちあったようで

いつも 無邪気に 微笑んで

時には はしゃぎ回って

遠い未来まで ずっと

続く 長い道

明日へ 思いを綴ろう

こころを紡ぐ歌

こころを紡ぐ日に・・・

|

« こころを紡ぐ日 | トップページ | 新曲誕生! »

ポエム」カテゴリの記事

コメント

詩って
心を写しだす、水面みたいなものですよね。

心が震えてれば、詩もゆらゆら波打つようになって…


恋なんかしちゃった時はもう、恋の詩しか思いつかないぐらいになりますよね。


普段は目に見えない心を文字のカタチで現してくれる詩、僕も好きです(*^^*)

投稿: そらの | 2009年2月 2日 (月) 18時58分

そらのさま

こころを映し出す水面・・・
そらのさんは詩人ですね。
本当にこころが映し出されるものです。
私の場合、曲をつけてオリジナルにしようというお約束があるから、なんとか締め切りに間に合って、試行錯誤できます。
ポエムをブログに掲載するのは、拙い文章より恥ずかしいことでもあるけれど・・・
自分への約束と思って、あえて掲載しています。
またまた、改定版載せました。

15日にコンサートの中で歌います。

投稿: なおち | 2009年2月 2日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213175/43925362

この記事へのトラックバック一覧です: こころを紡ぐ日 パート2:

« こころを紡ぐ日 | トップページ | 新曲誕生! »