« 秋深し | トップページ | 日差しの中で »

2007年11月12日 (月)

あったかい気持ち

ブログを更新していて・・・

うれしい気持ちの毎日。

人と人がつながれる驚き。

いつも外出ばかりの多いわたし。

慌しい中にも、一瞬の安らぎを感じることができる空間。

あったかな部屋に自分の居場所を見つけられた・・・

そんな人のぬくもりを感じられるお部屋みたい。

7日のカワイのシンポジウム九州大会に参加してから数日。

メッセージをたくさん頂戴して。

とても励みになります。

そして、今日から、また新しい気持ちで頑張ろうって。

人は、人の中でしか生きて行かれない。

だから、たくさんの「ありがとう」と「ごめんなさい」を言える人になりたいなぁ。

毎日ブログを見てくださっている方々。

本当にありがとう。

いつもお返事が遅くなってしまってごめんなさいね。

それから・・・無意識に傷つけてしまっている方がいらしたら・・・

配慮が足りなくてごめんなさい。

一番ごめんなさいを言わなければいけないのは、家族かな?

今日も一日、明るい気持ちで過ごせるように。

心がけますね。

|

« 秋深し | トップページ | 日差しの中で »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シンポジウムのトークコンサートに参加させていただいた者です。遅くなりましが今日、ブログを拝見させていただきました!
稲村先生の素敵な歌声にとても感動しました…と同時に二人のママさんという事にもすごくびっくりしました。
私も4歳の娘の子育てをしながらカワイ講師をやっていて、頻繁に『両立は無理なんじゃないか』と悩む日々です。が、稲村先生の歌声に励まされ、頑張ろうと思いました。 また、稲村先生の素敵な歌に会えたらいいな(*^_^*) ブログ更新も楽しみにしてます♪

投稿: とちママ | 2007年11月12日 (月) 22時17分

とちママさま

4歳のママさんなんですね。
シンポジウム参加、お疲れ様でした!

仕事と家庭の両立はなかなか難しいですよね。
私もいつも悩んでいました。
子どもの成長の一番大切な時に、好きな歌を歌っていていいのかしら?
熱が出ても、ステージは休めないから。
添い寝しながら、明日の歌詞を覚えていたり。
トントンしながら歌う子守唄は、明日のステージで歌う歌でした。
母親として冷たいんじゃないかしら?と自分を責めながら、仕事に出かけることもしばしば。

少し仕事を減らせば?
なんでそんなに頑張るの?

そんな自分の声に、毎日悩んでいました。

もちろん、その悩みは今も続いています。

少しずづ罪悪感が薄くなったのは・・・仕事を持ち続けている先輩たちからのアドバイスだと思います。

「子どもさんと一緒にいる時間はもちろん大切。
でも、時間が限られているなら、密度で勝負!
いつも視線を送っていれば、大丈夫。
こどもの力を信じて。
子育ては一生の事業だから、あせらないで。」

涙があふれました。
いつも悩むとき、この言葉を思い出しています。

こころがけていることは・・・。
毎日のショートスキンシップ。
わずかな時間でも、だっこに添い寝におんぶ。
大きくなった今でも、子どもたちにくっついています。
足をもんだり、肩にちょっとふれたり。
話してくれる気分の時は、すべてを投げ出して、たくさん話を聞きます。

あなたが世界中で一番好き、大事な宝物。
というこころのメッセージを込めながら。
時には、口に出して。
大好きメッセージを送り続けています。
子どもたちには、「わかっているよ」と迷惑がられているけれどね。

子育ては、家族、友人、周りのたくさんの方々に助けてもらいながら、ずっと続いていくもの。

ロングランで続けることに意義がある!で行きましょうね!

とちママさんからのメッセージで、私も元気が出ました。
よ~し!今日も楽しく歌ってこようってね。
ありがとう~!

今日は夜のコンサートなので、子どもたちに「お帰りなさい」メールでスキンシップです。


投稿: なおち | 2007年11月14日 (水) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213175/17050332

この記事へのトラックバック一覧です: あったかい気持ち:

« 秋深し | トップページ | 日差しの中で »