« 蕾 | トップページ | 善福寺公園の・・・ »

2007年3月27日 (火)

知りたくないの

兵庫県は加古川市。

歌人、菅原洋一さんのふるさとにお邪魔した。

ステージでご一緒させて頂けるなんて夢のようなお話。

憧れの菅原洋一さんは、偶然にも国立音楽大学の大先輩。

歌人生活50年を迎え、ますますその歌声は円熟味を増して・・・

会場のお客さまはもちろん、スタッフ、共演者、魅了されっぱなしの2時間。

緊張の中、リハーサルを終えた私に

「いい声ですね。気持ちがいいですよ。」

舞台では、「会場を包みこむような歌声ですね。」

そう、お声をかけてくださる優しさ。

光栄過ぎるお言葉です。

菅原洋一さんのレパートリーの広さは、皆さまよくご存知。

今日でお別れ、忘れな草をあなたに・・・を始めとする数々のヒットソングはもちろんのこと。

菩提樹、ダニーボーイ、ふるさと、ラ・クンパルシータ・・・

クラシックからタンゴまで。

そして、新曲「ありがとう ごめんね」

菅原洋一さんの歌そのものに、真摯な人生を感じたひと時でした。

♪あなたの過去など、知りたくないの・・・

甘くせつなく歌われる姿を舞台の袖で見せていただきながら、

菅原洋一さんの世界をもっと深く知りたい、と思った。

大人の恋心にほんの少しふれて。

私の中で何かが動いた・・・みたい。

至福の時を、ありがとうございました。

|

« 蕾 | トップページ | 善福寺公園の・・・ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

菅原洋一さんと共演されていたのですね。
びっくりしました。なぜなら、お二人とも大ファンですから。
心の中では想像を巡らしたがあったけれど、実際に実現されていた事を知ってとても驚きました。
そして、稲村さんが菅原洋一さんのファンと聞いてとても嬉しいです。
ところで、稲村さんは何を歌われたのでしょうか?知りたいです。

投稿: nuhiman | 2009年5月31日 (日) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213175/15089320

この記事へのトラックバック一覧です: 知りたくないの:

« 蕾 | トップページ | 善福寺公園の・・・ »